iPhone修理店でパスコードを解除

iPhone修理店でパスコードを解除

iPhone修理店でパスコードを解除 パスコードは勝手に操作されないようにするための仕組みで、パスワードとは異なって数字を打ち込む事によってロックを解除するというセキュリティの仕組みです。しかしこの数字を忘れてしまうという事もよくある事で、その事を理由にiPhone修理を依頼すると言った事も珍しくはありません。しかし、結論から言えばiPhone修理店やApple Store などで依頼してもすぐに知る事ができるものではないものです。そのような知られてしまうようなものであれば、セキュリティとしての意味がないためですが、一方で全く行えないわけではなく手順を踏めば初期化せずに復帰させる事が可能な事もあります。ただし、今まで使っていた状態に戻す事はできないという点に留意しなければなりません。
手順としては、iTunesやiCloudといったApple が提供しているサービスを利用して外部からアクセスし操作するというものです。この場合の注意点としてはバックアップを取っていればその状態に戻す事ができるという事で、もしバックアップを取っていなければパスコードを解除しても完全な初期化を防ぐ事ができるという程度にしか済みません。いずれにしてもセキュリティという観点からみれば、一度忘れてしまうと復帰させるのが困難であるという事を理解しておく必要があります。

iPhone修理でパスコードを教える必要はある?

iPhone修理でパスコードを教える必要はある? 普段iPhoneを利用しているという方は多いですが、不具合や故障してしまった場合多くの方はiPhone修理専門店などに相談をすると言われています。しかしiPhoneを利用するにはロックがかかっているので、修理をする際や不具合を確認する際にはパスコードを聞くという業者も少なくありません。
実際に修理の際に記入する同意書には使用している端末のロックパスコードを記入する欄があり、パスを入れて中身を確認しないと修理前と修理直後の動作の確認を行うことが出来ないため、せっかく修理をしたのに不便な部分が残ってしまわないか業者側もチェックする必要があるためだといわれています。
中には個人情報が入っているから心配と感じる方も多いため、そういった方には事前にスタッフに声掛けをすることでパスの記入はせずに、利用者にパスを入れてもらった上で動作確認と修理を行う配慮をしてくれるので安心です。
そのためiPhone修理を利用する際には、教える必要があるかチェックをするようにしましょう。